jt 2020.06

新建築住宅特集2020年6月号 戦後住宅リノベーション史 選・文 能作文徳成長する自邸/自力建設の精神/破壊と構築/マテリアルの移動/継ぎ接ぎされた全体/エレメントの再解釈/部屋の力/家のコモン化/型の継承

JIA MAGAZINE 366

見えないもののネットワークをかたちにする 表紙のドローイングは、「西大井のあな」という私たちの自宅兼事務所のスケッチの一部です。私たちはバブル期に建てられた 4 階建て鉄骨造の中古住宅と土地を購入し、

共感・時間・建築

20世紀の建築が理想とした社会像が崩壊した現代の建築はどこに向かうのか。世界的に閉塞感が漂う建築の状況にあって、日本の若手建築家の取り組みは次の時代の建築の可能性を示している。その背景を検証し、これからの建築家がもつべき

建築的冒険者の遺伝子

1970〜80年代、日本で湧きあがった建築的冒険を体現してきた建築家と、現代の若手建築家によるダイアローグ。当時の建築的冒険はなんだったのか。その遺伝子はいま、どう受け継がれているのか。70年代を起点に未来を展望し、これ

WindowScape3

働くのは人だけではない 自然とともに窓も働く。 ものを照らす光、干す風、加工する熱、燻す煙、蒸す湯気──窓がつなぐ、自然要素と人のふるまい、物質のふるまい。       WindowScap