About

能作文徳建築設計事務所は2010年に設立。建築設計をはじめ、アート作品、インスタレーション、リノベーション、論考執筆などの活動を行ない、大学研究室と連携し、建築・都市・生態系のリサーチを行なっています。太陽エネルギー、土壌の再生、生分解性素材、生産から廃棄までの物質循環をテーマに建築デザインに取り組んでいます。

能作文徳 (のうさくふみのり)

1982年 富山県生まれ

2005年 東京工業大学工学部建築学科卒業

2007年 東京工業大学大学院理工学研究科建築学専攻修士課程修了

2010年 能作文徳建築設計事務所設立

2012年 博士(工学)学位取得 (東京工業大学)

2012年〜2018年 東京工業大学大学院環境・社会理工学院建築学系助教

2018年〜2021年 東京電機大学未来科学部建築学科准教授

2021年〜 東京都立大学都市環境学部建築学科准教授

主な受賞

2010年 平成22年東京建築士会住宅建築賞,「ホールのある住宅」

2013年 SDレビュー2013鹿島賞,「高岡のゲストハウス」

2016年 第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館展示特別表彰

2017年 SDレビュー2017入選「西大井のあな 都市のワイルド・エコロジー」

2018年 ISAIA2018 Excellent Research Award in Young Architects’ Design Sessions

2019年 第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示選出

2019年 Architects of the year 2019 入選 「西大井のあな 都市のワイルド・エコロジー」

2020年 住まいの環境デザイン・アワード2020 優秀賞, 「ピアノ室のある長屋」

2020年 gallery IHA 住宅建築賞 2020, 「明野の高床」

2022年 第33回 JIA新人賞「高岡のゲストハウス」

2022年 日本建築学会作品選集新人賞「高岡のゲストハウス」

主な著書

『野生のエディフィス』(単著), LIXIL出版 2021年

『WindowScape 窓のふるまい学』(共著), フィルムアート社, 2010年

『WindowScape2 窓と街並みの系譜学』(共著), フィルムアート社, 2014年

『WindowScape3 窓の仕事学』(共著), フィルムアート社, 2014年

『コモナリティーズ』(共著), LIXIL出版, 2014年

『「シェア」の思想』(共著), LIXIL出版, 2014年

『en:[縁] アート・オブ・ネクサス』(分担執筆), TOTO出版, 2016年

『建築的冒険者の遺伝子』(分担執筆), 彰国社, 2017年

『共感・時間・建築』(共著), TOTO出版, 2019年

『Cosmo-Eggs』(共著), Case Publishing, 2019年

『Cosmo-Eggs | 宇宙の卵 コレクティブ以後のアート』(共著), torch press, 2020年

『環世界の人文学』(共著), 人文書院, 2021年

Fuminori Nousaku Architects was established in 2010. Our activities include architectural design, artwork, installation, renovation, and writing, and we collaborate with university laboratory to conduct research on architecture, cities, and ecosystems. Our architectural designs focus on solar energy, soil regeneration, biodegradable materials, and material cycles from production to disposal.

Fuminori Nousaku

1982 Born in Toyama, Japan

2005 Bachelor Degree from Tokyo Institute of Technology

2007 Master Degree from Tokyo Institute of Technology

2010 Established Fuminori Nousaku Architects

2012 Dr.Eng from Tokyo Institute of Technology

2012〜2018 Assistant Professor Tokyo Institute of Technology

2018〜2021 Associate Professor Tokyo Denki University

2021〜 Associate Professor Tokyo Metropolitan University

Awards

2010 Tokyo Residential Architecture Prize,  “House with Hall”

2013 1st Prize of SD Review 2013, “Guest house in Takaoka”

2016 Special Mention The Japan Pavilion at the 15th International Architecture Exhibition of Venice Biennale

2017 Prize of SD Review 2017, “Holes in the House”

2018 ISAIA2018 Excellent Research Award in Young Architects’ Design Sessions

2019 The Japan Pavilion at the 58th International Art Exhibition of Venice Biennale

2019    Architects of the year 2019, “Holes in the House”

2020   Environment-Friendly Home Awards 2020,  “Row House with Piano Room”

2020   gallery IHA Residential Architecture Award 2020,  “Akeno Raised Floor”

2022   The 33rd JIA Young Architect Award “Takaoka Guesthouse”

2022  AIJ Selected Architectural Design Young Architect Award “Takaoka Guesthouse”

Books

“Edifice of the Wild”, LIXIL publishing, 2021

“Cosmo-Eggs” , Case Publishing, 2019

“en:[縁] art of nexus”, TOTO publishing, 2016