About

能作文徳建築設計事務所は、能作文徳(のうさくふみのり)により2010年に設立。 建築設計をはじめ、アート作品、空間インスタレーション、リノベーション、建築・都市リサーチ、論考執筆などの活動を行なっている。 生活の基本となる「エネルギー」・「マテリアル」・「フード」を起点にしたエコロジカルなデザインおよびリサーチに取り組んでいる。

 

能作文徳

1982年 富山県生まれ

2005年 東京工業大学工学部建築学科卒業

2007年 東京工業大学大学院理工学研究科建築学専攻修士課程修了

2010年 能作文徳建築設計事務所設立

2012年 博士(工学)学位取得 (東京工業大学)

2012年〜2018年 東京工業大学大学院環境・社会理工学院建築学系助教

2018年〜 東京電機大学未来科学部建築学科准教授

主な受賞

2010年 平成22年東京建築士会住宅建築賞,「ホールのある住宅」

2013年 SDレビュー2013鹿島賞,「高岡のゲストハウス」

2016年 第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館展示特別表彰

2017年 SDレビュー2017入選「西大井のあな 都市のワイルド・エコロジー」

2018年 ISAIA2018 Excellent Research Award in Young Architects’ Design Sessions

 

 

Fuminori Nousaku Architects is a studio for architectural design, art, spatial installations, urban research and writing articles. Our working approach is based on ecological thinking as ENERGY, MATERIAL and FOOD which is basis of life.

 

Fuminori Nousaku

1982 Born in Toyama, Japan

2005 Bachelor degree from Tokyo Institute of Technology

2007 Master degree from Tokyo Institute of Technology

2010 Established Fuminori Nousaku Architects

2012 Dr.Eng from Tokyo Institute of Technology

2012〜2018 Assistant Professor Tokyo Institute of Technology

2018〜 Associate Professor Tokyo Denki University

 

Award

2010 Tokyo Residential Architecture Prize “House with Hall”

2013 1st Prize of SD Review 2013 “Guest house in Takaoka”

2016 Special Mention The Japan Pavilion at the 15th International Architecture Exhibition of Venice Biennale

2017 Prize of SD Review 2017 “Holes in the House”

2018 ISAIA2018 Excellent Research Award in Young Architects’ Design Sessions