Tiny House Project | 藁のタイニーハウス

1 / 9
All Projects

TINY HOUSE(タイニーハウス)とは、「Tiny(小さな) house(家)」の意。「小さな家たちによるこれからの暮らしづくり」をテーマに、多様化する個々の「欲しい暮らし」の提案をはじめ、様々な社会課題の解決や持続可能な社会の実現に向けた暮らし方、あり方を多様な角度で提示します。

コロナ禍でのライフスタイルの変化により、暮らしの多様化が加速しています。 人と人の繋がりをつくる場所も変化してきました。「移動する家」という住まいのあたらしい選択肢から、社会問題や持続可能な暮らしの実現を身近に感じ、「小さく」は じめられるアイディアの種になるようなテーマをもった『タイニーハウス展示会』です。 タイニーハウスに興味がある方、新しい暮らしかたに興味がある方はもちろん、オフィスワークの合間に、子育て世代の ファミリーに、学生さんに、すべての方に楽しんでいただける展示会です。ぜひこの機会にタイニーハウスでの新しい暮らしを覗いてみませんか。

ヴォイス・オブ・アース デザイン小委員会+日本ストローベイルハウス研究会
人間の活動によって地球環境は深刻なダメージを受けています。委員会では「地球の声」を代弁するデザインとは何か?という問いを掲げて建築デザインを考えています。建設による廃棄物をできるだけなくすため、土に還る素材であり、断熱材にもなる藁を用いたタイニーハウスをつくりました。